本鵠沼駅で相続マンションの売却査定するならどの不動産屋がよい?3つの高く売る為の必要知識など

本鵠沼駅の相続したマンションを売ろうと思うけれど、どの不動産屋に相談したらよいの?
相続したマンションってどんな事に注意して売却を進めたらよい?
大事な資産だから、少しでも高く売却を行いたい!

マンションを相続して売却を検討している時、こういうポイントで悩んでいる方も少なくないと思います。
ただでさえ不動産を売るなんて経験無い方がほとんど。その上相続がからむので複雑に考えてしまいます。

でも相続したマンションを高く早く売る為のコツは、結構カンタンなんです。

taro

こんにちは!「たいせつな相続マンション」編集部員の田中です。
こちらのページではそんな「本鵠沼駅で相続したマンションを売却する不動産業者の見つけ方や注意点などをわかりやすくまとめました。

売却依頼する不動産会社はちゃんと選ばないと、相続だからと面倒臭がられたり、買い叩かれたりして「売れない&二束三文の値段」になってしまうことも。

なので安易に本鵠沼駅の地元業者や大手の不動産屋に、売却依頼の相談するのは絶対におススメできません。

そんな不動産会社の選び方や注意点を、6分程このページを読むだけでわかる様にまとめてみました。
それでは、ご案内いたします!

目次

相続した本鵠沼駅のマンションは貸すのと売るのどっちがよい?

当面住む予定の無いマンションは、売るべきか貸すべきか?
賃貸経営のノウハウがない方は、売却される事がおススメです。

それぞれのメリットを比べると、下記の様になります。

・マンションを売る場合

相続物件を売るメリット

・まとまった売却代金が手に入る
・管理やメンテナンス、クレーム対処に手間がかからない
・空き室や管理代、固定資産税などでマイナスになるリスクゼロ
・後々物件価値が下がっても不安が無い

相続物件を売るデメリット

・手元に物件がなくなる

・マンションを賃貸に出す場合

相続物件を賃貸に出すメリット

・家賃収入が入る
・不動産を手元に持ち続けられる
・固定資産税や修繕などの維持管理費用を経費計上できる

相続物件を賃貸に出すデメリット

・空き室等や管理で収入がマイナスになることも
・管理などで手間や時間がかかる
・年々物件の価値が下がり、下げ幅が家賃収入を超える事も
・修繕費用が高額

こういったように、賃貸経営にリスクはつきもの。
なのでそういうノウハウをお持ちで無かったり、一度に何件も不動産を相続したという方以外は、売却を選ぶのが一番です。

また相続人が複数いる場合には、マンションを共同名義にすると全員の同意が無いと後々売れません。
相続人が元気なうちはよいですが、あとで代が変わったりする時に子ども同士が揉める原因になりがち。
そういう事を考えると、マンションは相続した後売却して分割するのがベストなんです。

taro

賃貸経営経験が無かったり、また同じところに住もうと思う方以外は、売却を行うのがリスクはありません。
何件も物件が有れば、リスクヘッジが色々出来るのですが1件や2件ではそうもいきません。


地域で相続したマンションの売却は「ネット一括査定」がおススメな3つの理由

不動産一括査定がおススメな理由

相続したマンション売却をする時に最初にしなくてはいけない事は、信頼できる不動産業者探しです。
物件が有る地域が対象エリアの不動産会社に査定を依頼して、信用できそうな業者かどうか、査定結果の根拠がしっかりしているかどうかを比較して選びます。

そこでおススメなのは、ネットの無料不動産一括査定を利用して一度に査定結果を比較することです。

わずか3分程度の入力で、一括査定サイトが審査した信頼できる業者から、相続したマンションがいくらで売れるか査定結果を貰えます。
今はネットの一括査定が主流になっているので、下記の様に沢山の査定サイトが存在します。

イエウール・すまいValue(バリュー)・ライフルホームズ・おうちダイレクト・SUUMO(スーモ)・HOME4U・RE-Guide(リガイド)・IESHIL(イエシル)・リビンマッチ(旧スマイスター)・マイスミEX・HowMa(ハウマ)・マンションナビ・Smoola(スモーラ)・イエイ・タウンライフ・イエカレ・マンションマーケット・
この中でおススメなサイトを調べると、東京商工リサーチの調査では下記の様になっています。

不動産一括査定サイトランキング引用:東京商工リサーチ「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」

では実際に、不動産一括査定サイトを使う際のメリットについてわかりやすく解説します!

ネット不動産一括査定のメリットその1 第三者が審査した信頼できる大手と地元の会社から比較できる

信頼できる会社から比較

自分で不動産会社を適当に探しても、その会社が信頼できるかどうかなんてわかりません。

けれども不動産一括査定サイトは、実績や実際に査定依頼した人の口コミや評判から、不動産会社の審査を行っています。
だからおかしな業者は排除されていて、地域で信頼できる不動産会社から相続したマンションの査定結果を比較できるんです。

最も提携不動産会社数が多いイエウールは、審査した1600社以上提携しているから、全国どのエリアでも安心して査定依頼が行えます。

ネット不動産一括査定を使うメリットその2 効率よく不動産屋を比較できる

効率よく比較

普通に相続したマンションを各不動産会社から査定してもらうのは、かなり重労働。
地域の不動産屋や大手業者に訪問して、それぞれ2時間前後物件情報や希望を伝えて説明を受けなくてはいけません。

4~5社比較するだけでも、移動時間を含めると2日位時間が潰れます。
けれどもネットの不動産一括査定を行えば、わずか2~3分の情報入力で一括で査定を行ってもらえます。
なので大事な休日も潰れず、じっくり相続したマンションの査定結果を比較・検討できるんです。

ネット不動産一括査定のメリットその3 最も高い査定結果をカンタンに知れる

最も高い査定結果

あなたのマンションがいくらで売れるのか、相場はいくら位なのかなんて、1社や2社比較するだけではわかりません。
けれども不動産一括査定を使うと、最も高い査定はいくらなのか、大体の相場はどの位なのかひと目でわかります。(もちろん値段だけで比較するのはダメですよ。)

すぐに相続したマンションを売る気が無くても、「大体いくら位になるのかな~」程度で調べるのもOK。
無料でカンタンに、具体的な売却相場と最高査定額を知れるんです。

不動産一括査定イエウールの使い方

キャプチャ1

そこで当サイト「たいせつな相続マンション」では、大手と地元の不動産会社の査定を比較できるサイト「イエウール」をおススメいたします。

東京商工リサーチ「不動産の一括査定サイトに関する調査」では、利用者・提携社数などで実績No1に選ばれているから安心。

オンラインでマンション売却の一括査定を受けられます。

査定依頼はたった3分程度で完了し、無料で使えて査定依頼だけの利用もOKです。 利用する流れは下記の通り。

・売却したい物件の種類を選択する
・物件情報などカンタンな質問に答える
・一括査定の情報送付先のを入力
詳しく次の項目では説明いたします。

売却する物件種類を選びカンタンな質問に答える

キャプチャ3

イエウール公式サイトにアクセスすると、まず物件タイプを質問されるので、マンションを売るなら分譲マンションを選びます。

参照:イエウール公式サイト

そのあとメッセージのやり取りのように質問に答えてゆきます。

キャプチャ4 カンタンな質問に1分程度こたえたら、一括査定情報の送り先を入力。

キャプチャ1

あなたの物件におススメな不動産一覧から査定先を決める

質問や情報送付先を入力すると、あなたの回答から一番物件に合った不動産業者が一覧表示されます。

キャプチャ7

この中で査定依頼したい業者にチェックを入れ、無料査定スタートボタンを押せば完了です。
ここまでだいたい3分以内で行えます。
これだけで大手業者と地元で実績の有る不動産会社から、あなたのマンションがいくらで売れるのか無料で比較できるのでぜひご利用ください。


管理人がおススメする無料一括査定
↓↓↓
イエウール公式サイト

売却を進める前にマンションの相続登記は必ず行わなくてはいけません

マンションに限らず不動産は、「相続登記」を行わなくてはいけません。
カンタンにいうと、相続する側からされる側へ名義変更する手続きです。

自分で手続きする事は不可能では無いですが、大体は売却を依頼する不動産会社に司法書士や弁護士を紹介してもらって進めます。
下記の様な流れで相続登記を進めて行きます。

1.エンディングノートや遺言を確認して遺産分割協議書を作成する

遺産分割協議書

相続する側の方が故人だった場合、エンディングノートや遺言をもとに遺産の分割について相続人達で協議を行います。

エンディングノートや遺言が無いなら、基本的には法定相続どおりに分配を決めるケースがほとんどです。

基本的な法定相続分一覧

・配偶者と子供が相続人・・・配偶者50%、子供50%(兄妹がいるなら50%から分割)
・子供のみが相続人・・・兄妹で均等に分割
・配偶者と親が相続人・・・配偶者2/3、親1/3
・配偶者と兄妹が相続人・・・配偶者75%、兄妹25%(何人かいるなら25%から分割)
・兄妹のみが相続人・・・兄妹で均等に分割

ご家族で話し合った結果を司法書士や弁護士につたえ、遺産分割協議書として書面を作成してもらいます。

2.相続登記に必要な書類をそろえる

相続登記の書類

遺産分割協議書がまとまったら、次に法務局に相続登記する際の書類を用意します。これがどれをどこに取りに行くのかが大変。
下記には必要な書類リストと、どこに取りに行くのかについてまとめましたのでご参考ください。

相続登記する際に必要な8つの書類

・遺産分割協議書・・・司法書士・弁護士と作成
・戸籍謄本(故人、相続人両方)・・・本籍地の役所
・住民票の除票(故人の分)・・・住民登録している役所
・印鑑証明書(相続人)・・・住民登録している役所
・住民票の写し(相続人)・・・住民登録している役所
・固定資産税評価証明書・・・不動産の所在地の役所
・登記申請書・・・法務局(弁護士・司法書士が作成)
・不動産の全部事項証明書・・・法務局

司法書士や弁護士に依頼すると、これらの書類の一部は代行して取得してくれます。
なので平日はお仕事で中々取りに行けない…という方は、こういう所へ取得を依頼しましょう。
また登記申請書などの書類作成については、経験のない方が作成するのは非常に困難です。

本鵠沼駅付近で相続したマンションを売るためにやる事の流れ

マンションを売るにしても、何からはじめればよいのかわからない方がほとんどですよね。

ながれ

基本的には上記の様な流れで売却は進めます。
ココから先は、マンションをスムーズに売却する為の5つのステップをまとめましたのでご参考ください。

1.査定依頼した不動産会社の結果を比較する

査定

売却を行う第一歩は、不動産会社にマンションの査定依頼を行うこと。
ただ査定額が高いからという理由で業者を選ぶのはNGです。

査定金額は「売れる見込みの金額」で、実際に売れる価格ではありません。
あなたからの依頼欲しさに査定結果だけ高く出して、あとあと「この値段では売れないから値下げしよう」というケースは多いです。

なので本鵠沼駅付近で不動産業者を比較する時は、査定額の高さよりしっかりした根拠が有るのか必ず判断してください。

taro

繰り返しになりますが、不動産業者の査定結果は「根拠」が大事。
査定金額だけ無暗に高い所は、信用なりません。
次の項目ではそういった、売り出しを担当してもらう不動産会社の選び方についてご案内いたします。

2.本鵠沼駅の業者と相続マンションの売却媒介契約する

媒介契約

売却を依頼する業者は、根拠と査定時の業者の態度(売る気はあるのか?親身に対応しているか?)をしっかり見極め、売り出しを任せる媒介契約を結びます。

売り出しを依頼する業者とは、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」いずれかの媒介契約を結びます。

一般媒介契約だと、どの不動産会社も売る気はなく「一応書類だけ交わしておくか」位にしか捉えてくれません。
なぜなら一般媒介契約は、他の不動産会社とも同時に契約できるので、不動産会社側からしても売り出しに広告費を掛けても他社に持ってかれるリスクが高いからです。

taro

不動産会社も一般媒介より、専任の方がしっかり売却を進めてくれます。
売る気が有りそうな本鵠沼駅の業者なら専任以上を、微妙なら一般媒介契約で様子をみましょう。

3.購入検討者の内覧対応は丁寧に行う

内覧

媒介契約を不動産会社とむすんだら、売り出しを業者がはじめてくれます。

もちろんあとはお任せしてもよいでしょうが、少しでも早くよい条件で売る為には内覧対応をしっかり行うのが大事です。
内覧とは買主の候補者がマンションを見に来ることをいい、実はマンションの売却における第1の山場です。
大げさな話ではなく、内覧の印象しだいで買主の心が動きます。

掃除や印象のよいお部屋作りを行う必要があります。
たとえばマンションからすでに引っ越しが終わっていれば、清掃と最低限の修繕は行ってください。
現在住んでいる場合は、最低限不要な荷物を移動させてスッキリ見える様にしましょう。

また必ずキレイにしておきたい部分は水回り。
水回りは嫌なニオイがしない様に、配管を含めた掃除を行い衛生的に。
玄関まわりは、LED電球などに交換し、明るい雰囲気を作って内覧者を迎えましょう。

内覧が終わり買主からの購入希望が入れば、不動産業者が間に立って価格などの売却交渉が進めてゆきます。

taro

買主に欲しいという気持ちを強く持たせれば、それだけ価格交渉は有利にすすみます。
なので内覧時はキレイでスッキリしたお家にしておきましょう。

4&5.売却契約・決済・引き渡し

契約

価格が決まったら、いよいよ売却契約。
売買契約書の取り交わし、決済、引き渡しを不動産会社のアドバイス通りに進めて行きます。
不動産会社からもその時になったら案内も有りますが、主に用意する書類は下記のものになります。

売却時に必要な書類
  • 「印鑑証明書」(発行から3か月以内)「実印」「本人確認書類」(運転免許証、パスポートなど)
  • そのほかの書類
    「登記済証・登記識別情報」「固定資産税納付書」
  • マンション入居時にもらった書類
    「マンションの管理規約など」「管理費、修繕積立金、町内会費など」「マンション設備の説明書」
  • 住宅ローン関連の書類
    「残債証明書」「預金通帳など」

決済時は、お金と書類の受け渡しを同時に行います。
本鵠沼駅の不動産業者に協力してもらって準備を進めてください。

管理人がおススメする無料一括査定
↓↓↓
イエウール公式サイト

本鵠沼駅で相続したマンションを売却するまでにかかる期間

マンションが売れる期間

査定を依頼して売り出す本鵠沼駅で不動産会社を決めてから、どの位の期間で相続したマンションは売れるのか?
一般的には3ヵ月月~6ヵ月位が平均的な期間です。書類などの手続きが有る分、若干一般のマンション売却より時間はかかります。

売れるまでの期間は立地や販売条件にも左右されますが、同時に住み替えを検討している方は、早めの行動が必要です。
少しでもよい条件で売る為には、早めに売り出して多くの買主に見てもらう事が大事。

売り出してから1~2か月位は、問い合わせなどの様子を見つつ、価格の再検討を実施しましょう。
マンションの売却では、売れるタイミングを逃すと長期化する恐れが出てきます。内覧から購入希望・条件交渉にまで進んだ場合は、積極的に売る姿勢で臨みましょう。

高く売る為にタイミングは気にせず早く動く

早く

よく不動産が売れやすい時期は、秋口から春までと言われています。
ではそのタイミングに併せた方がよいのか?

相続マンションに限った話ではありませんが、不動産を売る場合タイミングは気にせず、できるだけ早く動くに越したことはありません。

査定と不動産会社選び、売却価格の設定などは、十分に時間を使い業者とも相談しながら決める必要があります。
不動産の場合早くから行動したほうがより販売機会に恵まれ、価格などの条件交渉でも、安易に妥協しなくて済みます

本鵠沼駅相続した不動産が売却できた後の税金申告について

確定申告

本鵠沼駅で相続したマンションが売却できたら、利益が出たものに対して譲渡税と言うもの(所得税・住民税)が発生します。

基本的には「物件入手にかかったお金」から「売却した金額」を引いた物に対して掛かります。
物件入手にかかったお金として認められるものは下記の通りです。

物件入手にかかった費用として認められるものの例

・登録免許税
・不動産取得税
・印紙税
・土地の造成費用など

カンタンに計算すると、下記の計算式で課税所得金額を出してから税率をかけます。

売却価格 -(取得費、譲渡費用、 売却した不動産に対する相続税額)= 課税譲渡所得金額

課税譲渡所得金額×税率(所得&住民税で約20%or約39%)=税額

相続してから3年10か月以内に売却を行えば、上記の様に売却価格から相続税額を引く事が可能です。

相続人がマンションに住んでいればさらに控除を受けられる

3000万円の控除

相続を受けたマンションにあなたが住んでいるなら、その物件を売却した時に3000万円の控除を受けられます。

ただもちろんちゃんと住んでないとこの控除は受けられません。

適用要件を細かくいうと、「相続人が被相続人と同居をor相続後に入居を開始していた」、「相続して3年以内の売却」という条件があります。
こういう事を事前に不動産屋や、紹介してもらう弁護士等と話し合いながら進めてくださいね。

本鵠沼駅でマンションを早く高く売る不動産会社の選び方まとめ

すこしでも早く&高くマンションを売るなら、売る気が有って信頼できる本鵠沼駅が対応エリアの業者を選ぶのが大事。
安易に大手業者を選ぶと、囲い込みと言われる物件隠しにあって、よい条件では売れません。

なので賢く一括査定サイトを利用して、条件よく売ってくれる不動産会社を見つけてくださいね。

管理人がおススメする無料一括査定
↓↓↓
イエウール公式サイト